沖縄県の社員旅行の比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 社員旅行 > 沖縄県
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集
観光スポット・グルメ・特産・名産品・お祭り・イベントなら団体旅行の窓口におまかせ!

沖縄県の観光スポット・グルメ・特産・名産品・お祭り・イベント

沖縄本島をはじめ、久米島、石垣、宮古、西表島など個性豊かな島々が点在する沖縄県。

首里城や守礼門のある首里は、琉球王朝の古都。活気溢れる那覇では、琉球料理や舞踊など沖縄文化を体験したい。宮古や石垣、西表など個性豊かな島々も魅力。

国内旅行なら無料一括お見積プロのプランニングでお見積
知りたい情報をクリックしてご覧ください
  • 観光スポット
  • グルメ
  • 特産品・名産品
  • お祭り・イベント

沖縄県のオススメ観光スポット

首里城公園

那覇市を見下ろす標高約120mの高台に立つ琉球王国の象徴。1429年(永享元)から始まる琉球王朝の居城であるとともに、政治や文化、外交、祭礼の場でもあった。創建は14世紀末初め〜中期と推定され、地勢面、軍事面はもちろん、風水上も理想的な立地だった。城内の構成は、北京の紫禁城[しきんじょう]、ソウルの景福宮や昌徳宮との類似点も多く見られ、アジア各国との交易が盛んであったことがうかがえる。沖縄戦により焼失したが、1992年、本土復帰20周年を期に、1768年(明和5)の工事記録として残る資料をもとに復元された。

無料一括お見積
沖縄美ら海水族館

海洋博公園内にある、「沖縄の海との出会い」をテーマとした世界最大級の水族館。カラフルな熱帯魚や世界初の生きたサンゴの大規模飼育、ジンベエザメやマンタの複数飼育など沖縄ならではの展示は必見。目玉は、高さ8.2m・幅22.5m・厚さ60cmもの巨大アクリルパネル越しに見るジンベエザメ。雄大な姿に圧倒される。

無料一括お見積
摩文仁の丘

平和記念公園内。沖縄戦最後の激戦地となった摩文仁の丘周辺には、その悲劇と恐怖の時代を忘れないよう、多くの慰霊碑が立ち並ぶ。丘の上には、各地に安置されていた戦没者の遺骨を納骨合祀した国立沖縄戦没者墓苑や平和・友情・師弟愛の思いを込めて建てられた3人の少年の像が立つ。そのすぐそばにあるのが沖縄師範健児之塔。沖縄戦で戦死した沖縄師範学校男子部289名と、学校長ほか職員17名が祀られている。黎明之塔は第32軍司令官・牛島満中将と軍参謀長・長勇[ちょういさむ]中将が、その最後までこもっていたという洞穴の上に立つ。

無料一括お見積
知りたい情報をクリックしてご覧ください
  • 観光スポット
  • グルメ
  • 特産品・名産品
  • お祭り・イベント

沖縄県のオススメ グルメ

  • 沖縄ソーキそば
    沖縄ソーキそば
  • ゴーヤーチャンプルー
    ゴーヤーチャンプルー

沖縄料理

沖縄料理(おきなわ りょうり)は、沖縄県の郷土料理のこと。琉球料理(りゅうきゅう りょうり)とも呼ばれるが、この場合は琉球王朝時代の宮廷料理を指すことが多い。日本本土とは異なり、四季が比較的不明瞭な気候であるため、冷涼な気候に適した食材(品種)を栽培できないことも多い一方、亜熱帯性の食材が多く見られる。使用される野菜類が本土とはやや異なり、キノコ類の使用も少ない。また、亜熱帯に属するが香辛料はあまり使用されず、伝統的な味付けは主に塩、味噌、醤油、鰹節や昆布を用いる単純なものである。海に囲まれた多島の県であるが、魚料理があまり発達していないという特徴を持つ。また仏教が根付かず、江戸幕府による肉食禁止令などの影響も受けなかったため、明治時代以前から家畜を肥育して食用とすることに抵抗のない食文化が存在していた。

無料一括お見積
知りたい情報をクリックしてご覧ください
  • 観光スポット
  • グルメ
  • 特産品・名産品
  • お祭り・イベント

沖縄県のオススメ 特産品・名産品


シーサー

シ―サ―

シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像。建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味を持つ。
名前は「獅子(しし)」を沖縄方言で発音したものである。八重山諸島ではシーシーともいう。
スフィンクスや中国の石獅(石獅子、en:Imperial guardian lions参照)、日本本土の狛犬などと同じく、源流は古代オリエントのライオンもしくは犬と伝えられている。
元々は単体で設置されていたものだが、おそらくは本土の狛犬の様式の影響を受けて、阿吽像一対で置かれることが多くなった。阿吽の違いにより雌雄の別があり、各々役割があるとする説もあるが、研究文献等にそのような記述は見られず、近年になって創作された俗説である可能性が強い。
口の開いたシーサーが雄で、右側に置き、福を招き入れ、口を閉じたシーサーが雌で、左側に置き、あらゆる災難を家に入れないとされている。
各戸の屋根の上に置かれるようになったのは、庶民に瓦葺きが許されるようになった明治以降である。それまでは、寺社や城の門、御嶽(うたき)、貴族の墓陵、村落の出入り口等に設置されるのみだった。材質は石や陶器(素焼きまたは本焼き)、漆喰(しっくい)によるのが基本だが、近年ではコンクリートや青銅製のものもある。

無料一括お見積
知りたい情報をクリックしてご覧ください
  • 観光スポット
  • グルメ
  • 特産品・名産品
  • お祭り・イベント

沖縄県のオススメ お祭り・イベント

糸満ハーレー

糸満ハーレー(いとまんハーレー)は、沖縄県糸満市糸満の糸満漁港中地区で毎年旧暦5月4日(5月下旬〜6月頃)に行われる行事である。秋の十五夜(旧暦8月15日)に行われる糸満大綱引と並ぶ、糸満市の伝統行事のひとつである。ハーレーは約600年前に中国から伝わったとされており、爬竜船(はりゅうせん)を漕ぎ競い合うことで航海の安全や豊漁を祈願するものである。当日は糸満以外でも沖縄県内各地でおこなわれている。
他の地域ではハーレーシーズンの日曜日や祝祭日に催し、観光化するところが増えつつあるが、糸満ハーレーは神事性を重んじるため伝統通り旧暦の5月4日に行う。(那覇市では那覇ハーリーとしてゴールデンウィークの新暦5月3日〜5日に行われる)

無料一括お見積

団体旅行の窓口がご提案する社員旅行は、沖縄県の魅力を存分に体感することが出来る慰安旅行などをご用意しています。
社員旅行を通じて、オススメのグルメ、おみやげ、スポットなど沖縄県を満喫してみるのはいかがでしょうか?
春夏秋冬、どのシーズンに訪れても、四季折々な旅行が体感できます!社員旅行を通じて、楽しい時間をお過ごしください。

沖縄県の観光スポット トップへ