フィジーの社員旅行の比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 社員旅行 > フィジー
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集
海外の観光スポット・グルメ・遊びや体験・ショッピングなら団体旅行の窓口におまかせ!

フィジーの観光スポット・グルメ・遊びや体験・ショッピング

民族と文化の交差点「フィジー」

南太平洋のほぼ中央部にある、島々で構成される島嶼国家。ビチレブを最大の島として、島の総数は300以上ある。総面積は1万8千平方KMほどで、日本の四国よりやや大きい。地理的位置だけでなく、南太平洋の民族や文化が交差する島々として「南太平洋の十字路」と呼ばれる。*政府の建物、病院と保健施設、学校、すべての国内航空路線は禁煙。喫煙はレストランと一部の職場で制限されている。

海外旅行なら無料一括お見積プロのプランニングでお見積

フィジーのオススメ観光スポット


ナンディタウンの光景

・ナンディ
ナンディには国際空港があり、日本からのフライトもこの空港に到着します。フィジーという国に入る玄関となる町。ナンディは典型的な観光の町で、最も賑やかなメインストリートは、ほんの1kmほど。通りにはレストランや土産物店、免税店などが軒を連ね、多くの観光客で賑わっている。このあたりでは、Tシャツや木彫りの民芸品、ココナッツせっけん、カレー粉などのみやげ物を買うことができる。 インド料理や中華料理、日本料理などおいしいレストランもいくつかあるので、グルメを堪能するのもきっと楽しいはず。ぜひ立ち寄りたいのが、メインロード中央からホスピタル・ロードを東に少し入ったところにある市場。採れたての野菜やフルーツ、魚などがところ狭しと並んでいます。インド人が多いこともあり、珍しいスパイスもたくさん売られている。


・ビチレブ島
ビチレブ島の周辺には、かずかずのリゾートアイランドが点在している。フィジーの玄関口となるナンディ国際空港に近く、ビチレブ島に隣接するデナラウ・アイランド、ナンディ湾の沖に浮かぶママヌザ諸島、映画『青い珊瑚礁』の舞台となったヤサワ諸島、欧米セレブに人気の「ヴァトゥレレ・アイランド・リゾート」のあるヴァッレレ島、小規模なリゾートホテルが点在するベンガ島、かつて首都のあったフィジー第7の島オバラウ島、そして美しいラグーンがダイバーの憧れとして知られるナナヌイラ島など。


無料一括お見積

フィジー料理(ポリネシア料理など)

  • タロイモ
    タロイモ
  • パンの実
    パンの実

伝統的なフィジーの料理はポリネシア料理です。
キャッサバやタロイモ、パンの木やシーフードなどを中心に食べ、豚肉やシーフードをココナッツミルクで煮込んだものなどがあります。

また、特別な日には、地中に掘った穴の中に焼けた石を置き、バナナの葉を敷き詰めた上に、葉やアルミホイルに包んださまざまな食材を置いて、その上に土をかぶせて数時間蒸し焼きにするロボと言う料理を食べます。

無料一括お見積

フィジーのオススメ レジャー


ダイビングやシュノーケリング

・ダイビング
300を超える島々を誇るフィジーには、数多くの美しいダイビングスポットがあります。初心者から上級者まで南太平洋屈指の美しい海をダイビングで体験できます。


・ゴルフ
フィジーにはリゾートならではのゴルフを楽しめるコースが数多くあります。青い海を背景に爽快なプレイが楽しめます。

無料一括お見積

フィジーのオススメ ショッピング


フィジーの硬貨

・ジャックスハンディクラフト
伝統工芸品やアートクラフト、ジュエリー、フィジーに工場を持つ人気のUGGと品揃えも充実。日本語を話せるスタッフも常駐しているので、英語が苦手な方でも安心してショッピングをする事ができます。

無料一括お見積

フィジーの観光スポットや、団体旅行、社員旅行の無料一括見積サイト「団体旅行の窓口」なら、旅行プランと料金サービスがかんたんに比較できます!国内、海外の観光地の情報など旅行する上で知っておきたい情報が満載!
フィジーの観光スポット トップへ