肘折温泉の社員旅行におすすめの観光スポット【団体旅行の窓口】

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 社員旅行 > 温泉旅行 > 肘折温泉・最上郡大蔵村
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

全て掛け流し 中規模
山形県 肘折温泉・最上郡大蔵村

肘折温泉おすすめのポイント

1200年もの歴史を持つ最上郡大蔵村の肘折温泉

山形県最上郡大蔵村にある肘折温泉郷は、なんと1200年もの歴史を持つ湯治場として知られている。温泉地の名前である「肘折」とは、そもそもこの地を訪れた老僧が、お湯に浸ったところ折れた肘が癒されたという伝説に由来するとも言われ、それだけ人々の体を癒す効果が高いと伝えられている。
肘折温泉は風光明媚な温泉地としても有名で、昔ながらの湯治場として愛され続けている。この地を訪れた人々は、癒しの効果が高く湯量も豊富な温泉をゆっくり楽しみながら、疲れた体を癒すことができる。自炊場が設けられている旅館が多く、朝市で旬の食材を購入して、気ままに料理をして食事をしながら湯治を満喫することができる。

最上郡大蔵村の肘折温泉は泉質も豊富

最上郡大蔵村の肘折温泉の泉質は、ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉で、炭酸ガスや食塩(塩化ナトリウム)、そして重層(炭酸水素ナトリウム)の成分の相乗効果が期待できる温泉だ。こうした健康に効果が高い温泉を利用して、肘折温泉は古来より人々から愛されてきた。
ナトリウムー塩化物泉には高い保温効果があり、ナトリウムー炭酸水素塩泉には角質を乳化することで洗い流す効果が、そして今注目されている炭酸ガスには血管を拡張する効果が裏付けられている。こうした豊かな泉質は、切り傷や火傷、リウマチや神経痛、胃腸病など様々な症状を緩和させると大変注目されている。

肘折温泉 基本データ

所在地 山形県最上郡大蔵村大字南山451−2 
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、節のこわばり、打ち身など 
問い合わせ先 大蔵村観光協会 
アクセス バス: 山形新幹線JR新庄駅より肘折温泉行き乗車55分車:新庄市より国道47号、国道458号で45分。山形市より国道13号、県道30号、国道458号で100分。 

肘折温泉のいちおしスポット!

地蔵倉

肘折温泉の周辺にある観光地として有名なのは、地蔵倉と呼ばれる霊場だ。この霊場は約600年前に開創され、肘折温泉の開湯縁起に登場する老僧が暮らしていたと伝えられている洞窟にある。湯坐神社の階段を上がり地蔵倉へ向かうと、幻想的な雰囲気を漂わせるブナ林があり、早朝では靄がかかることも多く、より一層神秘的な印象で人々を迎え入れる。
地蔵倉には紙を捻ったものを岸壁にある孔に通せば良縁に恵まれると言い伝えられており、こうした信仰はこの地をより魅力的な場所にしている。

小松淵

銅山川の名勝である小松淵には、その昔、新庄藩の小山八郎という人物が大蛇を退治したと言い伝えられている伝説が残っている。
小松淵は豊かな自然と見事な渓谷が有名で、特に新緑の萌木色に包まれた景色や、鮮やかな色とりどりの葉で彩られた紅葉のシーズンは絶景であることから、その美しさを一目見ようと訪れる人で賑わう。小松淵の小高い山頂に登るとそこには神社があり、昼間でも暗く見える神秘的な銅山川の清らかな流れを眺めることができる。

四ヶ村

月山や葉山などに囲まれた傾斜地には、後世に残したい風景である四ヶ村がある。四ヶ村というのは、豊牧、滝の沢、沼の台、平林の四つの集落を総称したもので、この地にある棚田は「日本の棚田百選」にも選出された。素晴らしく、壮大かつ荘厳な風景は訪れる人々をしばし魅了する。
この棚田は非常に急峻で耕すためには多くの労力を必要とするが、「日本の棚田百選」に選出されたことを機に保存委員会が立ち上げられ、その美しい風景を後世へ伝えるための努力も続けられている。

山形県の温泉地

肘折温泉TOPへ