心の底から楽しむための準備。慰安旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 慰安旅行 > 心の底から楽しむための準備
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

心の底から楽しむための準備

旅費や宴会の費用は会社持ち。日頃の頑張りや成果に対するご褒美でもある慰安旅行を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな心の底から楽しむための準備をご紹介いたします。

行き先の情報を徹底的に調べる

慰安旅行の行き先が発表されたら、現地の観光スポットやグルメなどを徹底的に調べましょう。また、自由時間に訪れる観光地や滞在先でどんな行動をするか綿密に計画を立てると実際にプランを立てないよりも数倍楽しむことができます。気心が知れた同僚たちと計画・準備をするのも良いでしょう。

慰安旅行用のアイテムを購入する

慰安先が沖縄や海外の南国の場合、水着を新調すると慰安旅行が楽しみになります。また、スキューバダイビングなどの特定の資格を取得しておくのも良いかもしれません。レジャー施設や海辺などで遊べるアイテムや服、履物を準備しておくと慰安旅行への参加意欲が高まります。

体調を万全にしておくこと

慰安旅行の1週間前からは規則正しい生活を心がけましょう。会社としても慰安旅行の日程は繁忙期を避ける傾向にあるので、業務もそこまで忙しくはないはずです。また、風邪などの体調不良がある場合は慰安旅行前の休日に完治するようにしましょう。また、宴会を思う存分楽しむためにも慰安旅行一週間前からお酒を控えましょう。身体の準備を行うことが大切です。

上司や同僚の話のネタを仕入れておく

慰安旅行はその名のとおり、慰安が目的ではありますが、日頃込み入って話ができない上司や同僚、部下との交流を深めることができます。そのため、スムーズに話ができるように下準備として、交流を深めたい相手の情報を仕入れておくと良いでしょう。

乗り物酔い、飲みすぎ、食べすぎに対する準備

慰安旅行は海外や国内の遠方が滞在地となる場合があります。そのため、移動手段に長時間乗る必要が出てくる可能性があります。乗り物酔いしやすい人は酔い止めを準備しておきましょう。また、観光スポットでは美味しいご当地グルメが味わえます。ついつい食べ過ぎてしまっては宿泊先の美味しい夕飯や宴会の料理を楽しむことができません。そのため、胃腸薬などを準備しておきましょう。宴会は無礼講の場となりがちです。上司や部下から大量のお酒を勧められることもしばしば。そのため、宴会前には悪酔いを防ぐためにもアルコールを分解するドリンクを飲んでおきましょう。また、酔いつぶれてしまったときのために貴重品は部屋の金庫に入れておくと良いでしょう。確実に酔いつぶれてしまうほど飲みたい人は幹事や同僚に介抱してくれるように事前にお願いしておくようにしましょう。

お役立ちコラム

慰安旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
心の底から楽しむための準備 トップへ