旅行の挨拶について。慰安旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 慰安旅行 > 旅行の挨拶について
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

旅行の挨拶について

慰安旅行は研修を兼ねた社員旅行や個人旅行と違い、常日頃から仕事を一緒にしている方との大切な交流の場でもあります。そのため、幹事や宴会の司会では慰安旅行や宴会をくつろげる雰囲気を出せるかどうかが大切となります。今回は慰安旅行で必要となる挨拶の仕方について、ご紹介したいと思います。

宴会での挨拶のポイント

慰安旅行の宴会の挨拶には形式がかった挨拶は無意味です。社員全員が楽しめる、くつろげる雰囲気を作り出すためにも挨拶は手短で楽しいものを心がけるようにしましょう。以下のポイントを心がけるとよいでしょう。

・日頃の働きを労い、楽しい会になるための話題を選ぶ
・今後の会社の発展や社員への期待の念を述べる
・和やかで打ち解けた雰囲気をイメージする

特に宴会での挨拶の流れは以下のようにスタイルが一般的です。

過去の偉人の言葉を借りる

慰安旅行の挨拶で、スピーチが長くなりがちな人は話題の切り替えや話の締めくくりに過去の偉人の言葉を借りるとスムーズに宴会へ移行することができます。また、過去の偉人の言葉は発展や他者への労いの言葉が多いので、場の雰囲気をならすことにも役に立ちます。

3分以内に終わらせることが大切

慰安旅行の宿泊先が温泉やリゾート地では開放的な気分となっています。そのため、いくら簡単な挨拶だとしても、重役からの挨拶は宴会がスタートするまで、社員にとっては緊張する場面であることには間違いありません。話したいことはたくさんあると思いますが、長くても3分以内に終わらせるように心がけましょう。宴会がスタートした後に、話したいことを存分に話すと良いでしょう。

ホットな話題に触れる

慰安旅行の趣旨の説明や和やかな雰囲気を作り出すための要素として、直近の話題に触れるようにしましょう。慰安旅行先の観光地、宿泊施設の温泉やリゾート地などの感想に触れると場の共有をすることができるので打ち解けやすくなります。また、直近の会社の業績に触れ、社員のおかげという労いの言葉も場の雰囲気を和やかにします。挨拶を任されたが、良いネタが浮かばないときは直近のホットな話題を話すようにしましょう。

注意事項も忘れないこと

宿泊施設が全て貸切だからといって、何をしても良いということはありません。あまりにも酷い宴会をしてしまうと宿泊先から出入り禁止になることも十分にありえます。慰安旅行は無礼講であることは前提に置きつつ、礼儀と節度を守るように挨拶の中に入れ込んでおくと良いでしょう。

お役立ちコラム

慰安旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
旅行の挨拶について トップへ