福利厚生として取り入れるにはどうすればよい?慰安旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 慰安旅行 > 福利厚生として取り入れるにはどうすればよい?
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

福利厚生として取り入れるにはどうすればよい?

創業時は業績も変動することが多く、「慰安旅行なんてとんでもない」と考えている経営者も少なくありません。しかし、会社も順調に成長を遂げ、業績も安定的になってきたところで、社員の日々の頑張りや成果を労う意味でも慰安旅行を実施したいと考えている経営者もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は福利厚生として慰安旅行を考えている経営者の方におすすめの勧め方をお伝えいたします。

慰安旅行専門の代理店に申し込む

定期的ではなく、業績の良いときのみ慰安旅行を実施したいという方にはやはり慰安旅行専門の代理店に相談すると良いでしょう。福利厚生費として、経費計上したい旨も伝えれば、予算と要望に合ったプランを提案してくれます。また、旅行代理店の一括見積もりを無料で行い、旅行最終日まで徹底的にサポートをしてくれるのでおすすめです。

福利厚生代行サービスを利用する

慰安旅行は社員の頑張りや成果を労うためだけでなく、社員同士の交流を深めるという目的もあります。しかし、最近ではプライベートを重視する若者や家庭を大切にする中堅社員が増えているため、福利厚生費として経費計上可能な社員の参加比率が50%に満たないケースもあります。そんな社員のそれぞれの要望にあった福利厚生を考えている場合は福利厚生アウトソーシングサービスを利用すると良いでしょう。慰安旅行としてリゾート地に格安で宿泊できる、育児・介護、スポーツ・アウトドアなどさまざまな福利厚生を用意してくれています。何より社員の満足度や自由度を高めることもできます。大企業になると社員全員での慰安旅行は難しくなります。現在は慰安旅行を実施できているが、行く末は福利厚生のアウトソーシングサービスを利用するのも良いかもしれません。

慰安旅行の積立をお願いする

福利厚生として慰安旅行を実施する際は会社負担額が一人当たり10万円となってしまいます。そのため、一人10万円までで納まる慰安旅行を検討しなくてはなりません。しかし、毎年あるならまだしも数年に一度しか慰安旅行がない企業もあります。せっかくの福利厚生の慰安旅行を楽しんでもらうために一人10万円以上の慰安旅行を企画したいと考えている経営者も少なくありません。そこで、おすすめは社員に慰安旅行用の超過金額を積み立ててもらうこと。給料から天引きする形で会社がプールするのも良いでしょう。会社が拠出する金額は10万円までですが、それを超過する場合は社員負担でお願いする形で賄います。社員の実費が伴いますが、忘れられない慰安旅行として社員は大いに喜んでくれます。

お役立ちコラム

慰安旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
福利厚生として取り入れるにはどうすればよい? トップへ