行きたくない場合の断り方。社員旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 社員旅行 > 行きたくない場合の断り方
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

行きたくない場合の断り方

日頃の仕事への労いや社員同士の交流を深めるという理由で行われる社員旅行。しかし、中には人付き合いが面倒くさい、苦手な方がいる、休日を無駄にしたくないという理由で社員旅行に参加したくない人も少なくありません。そのため、できることなら職場の雰囲気を壊さずにうまく断りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は社員旅行へ行きたくない方向けの角が立たないうまい断り方をお伝えいたします。

体調不良を理由にする

社員旅行当日のキャンセルは会社にも幹事にも迷惑をかけてしまいます。また、ドタキャンは心象も良くありません。遅くとも社員旅行の3日前から体調不良で行けない旨を伝えておくと良いでしょう。家族に風邪気味の人がいる、最近、風邪気味と周囲に漏らす、マスクとするなど社員旅行の欠席を伝えるためにも準備をしておくと良いでしょう。しかし、仮病を演じることが面倒な方はドタキャンしか方法はありません。キャンセル料が発生し、積立金(慰安旅行や社員旅行の費用を給与から天引きし、積み立てている企業も少なくない)も無駄になりますが、それでも行きたくない場合はドタキャンをしましょう。

冠婚葬祭を理由にする

社員旅行の日を冠婚葬祭があることにしましょう。親友の結婚式、親戚や祖父母の法事であれば、うまく断ることができます。また、家族旅行などプライベートを優先させる必要があるイベントや勉強している資格の試験の受験日と重なるなどを理由にするとうまく断ることができます。

移動手段が苦手とする

社員旅行の主な移動手段が貸切バスです。行き先が海外であれば、飛行機となります。断る理由として、乗り物酔いしやすい体質であるから参加したくないと伝えれば、角が立ちにくいでしょう。また、慢性的な腰痛や肩こりなどを持っている場合、長時間、座席に座ることが困難であることを伝えるのも良いでしょう。

断る際の大切なポイント

社員旅行を断る際は、そもそも行きたくないという本音を相手に見せてはいけません。上記に挙げたような理由を伝えたとしても、行きたくないと思っている雰囲気が漏れ出し、相手に伝わることがあります。そうなれば、不本意ではありますが、協調性がないと思われ、評価にも響きかねません。そのためにも行きたかったがどうしようもないという残念な雰囲気を出すことが大切です。また明らかに嘘だとわかることを理由にしてはいけません。あくまで上司や同僚が納得してくれるような理由を考えて伝えるようにしましょう。社員旅行への参加は原則自由です。しかし、自由だからといって闇雲に参加しないと伝えることは確実に心象を悪くしてしまいます。相手の気分を害さずにうまく伝えるのも社会人に必要なスキルです。

お役立ちコラム

社員旅行に人気のプラン

社員旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
行きたくない場合の断り方 トップへ