ふさわしい服装について。社員旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 社員旅行 > ふさわしい服装について
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

ふさわしい服装について

社員旅行は社員の交流や社員の頑張りに対する労いの意味も込められているものも多く、無礼講の場として知られています。しかし、普段はスーツやビジネスカジュアルで臨めますが、いざ社員旅行となった場合、どんな服装をしていけば良いか迷われる方も少なくないのではないでしょうか。今回は社員旅行での服装について、ご紹介いたします。

派手な服装は避けること

いくら慰安が目的の社員旅行といっても社会人としてはTPOをわきまえる必要があります。また、社員旅行の行程の中には工場施設や関連企業への視察も兼ねている場合があるので、行き先に応じて、適切な服装をしていくことが大切です。豹柄の服装や金のアクセサリーなどは品がなく見える上、行き先で目立ちすぎます。社員旅行は楽しいものであることが多いので、声のトーンや声量が大きくなりがちです。社員旅行といえども、会社の看板を背負っていることを自覚する必要があります。

行き先に合った服装を準備する

例えば、社員旅行のスケジュールにハイキングなどが合った場合は歩きやすいスニーカーを履いていくなど旅先のスケジュールにあった服装をしていく必要があります。海辺に近い宿泊施設や遊園地などの興行施設では濡れても良い格好をしていくことも大切です。

動きやすさを重視する

社員旅行では自由時間を設けていることがほとんどです。観光地での自由時間やお土産などの買い物など歩き回ることが多いのも特徴です。そのため、普段よりも動きやすい服装を心がけると必要があります。ヒールなどの靴、普段から着慣れていない服装は社員旅行をスケジュールどおりに進行する上でも障害になり、周囲に迷惑をかけてしまう可能性があります。

簡単に着替えられる服装にする

社員旅行の行き先として、暖かい地方や寒い地方などが選ばれることがあります。特に社員旅行の行き先が海外の場合、行きは寒くても現地は暑いという場合もあります。基本的には春や秋などの服装を意識すると良いでしょう。また、すぐに上着を羽織ることができる、脱ぐことができる服装だと無難です。

清潔感と信頼感を意識する

普段、仕事着がスーツや作業着の場合、社員旅行の私服には気を使いたいところです。普段はバシッとしたスーツを着ていても私服がだらしない場合、それだけでその人の信用が下がってしまうこともあります。お洒落になる必要はありませんが、清潔感を重視した服装をしておくと無難です。また、年齢に応じたファッションを心がけることも大切です。歳相応の服装をすることが周りにも気を使わせ過ぎないポイントとなります。

お役立ちコラム

社員旅行に人気のプラン

社員旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
ふさわしい服装について トップへ