ふさわしい服装[女性編]社員旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 社員旅行 > ふさわしい服装[女性編]
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

ふさわしい服装[女性編]

普段はスーツやビジネスカジュアルを着こなしていても、いざ社員旅行ではどんな服装で臨めばよいかわからない方も多いのではないでしょうか。特に女性はファッションの幅も広く、服装だけでなく、ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーをつけることも多いため、悩みも多いのが現実です。今回は社員旅行にふさわしい女性の服装について、ご紹介いたします。

ブランド品は避ける

お財布やアクセサリーなどポイントだけであれば、ブランド物は問題ありませんが、服装や靴、帽子などをブランド物で固めると周囲に対して不快感を与えてしまいます。また、移動時間が長い、移動時は狭い座席で長時間座ることも多いので疲れてしまう恐れもあります。そのため、社員旅行高級な服装で着飾ることはやめましょう。

露出が多い服装は避ける

社員旅行の行き先が暑い地域(海外の場合が多い)の場合、必要以上に露出をする服装は避けるべきです。特に胸元が大きく空いている、短いスカート、ホットパンツなどはその人の品性も下げてしまいます。ワンピースやカーディアンなど社会人としてふさわしい服装をしていくことが好ましいでしょう。

清潔感ある服装を心がける

社員旅行は慰安や社員同士の交流を深めることが目的のため、ある程度ラフな格好でも許されます。しかし、襟首がよれている、食べかすやシミが付いているなどの服装は清潔感を損ね、その人の普段の生活が透けて見えてしまいます。お洒落でブランド品で固める必要はありませんが、清潔な服装で臨むようにしましょう。

ブーツやサンダルなどの履物は避ける

冬には寒さを防げることから重宝されるブーツですが、社員旅行ではブーツは不向きです。歩き回る行程も多く、宿泊施設や興行施設、視察施設などでの履き脱ぎに時間がかかるため、周囲にも迷惑がかかってしまいます。また、夏場でのサンダルも行き先によっては怪我をしてしまう恐れがあります。歩きやすく、履き脱ぎがしやすいスニーカーなどで臨むと良いでしょう。

年齢相応の格好をする

20代までは露出が高く、スカートでも問題はありませんが、30代や40代の場合、社員旅行では年齢相応の服装にするようにしましょう。自分では似合っているつもりでも周りから見れば、若作りをしているように見えてしまいます。自分の服装に自信がない場合は信頼できる周囲の人に相談してみるのも良いでしょう。

事前に打ち合わせをしておく

女性社員同士で社員旅行に着ておく服装を事前に打ち合わせをしておくと良いでしょう。そうすると自分だけが目立つといった事態は避けることができます。また、服装をある程度統一させておくだけで協調性が生まれ、周囲の評価も上がります。

お役立ちコラム

社員旅行に人気のプラン

社員旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
ふさわしい服装[女性編] トップへ