満足度アップ!社員旅行でアンケートを取るメリット&作るコツ。社員旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 社員旅行の一括見積り【団体旅行の窓口】 > 社員旅行 > 満足度アップ!社員旅行でアンケートを取るメリット&作るコツ
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

満足度アップ!社員旅行でアンケートを取るメリット&作るコツ

社員旅行は社員同士の交流や事業の成功を祝って行われるイベントです。ただ、参加者の年齢も性別も様々で、初めて幹事を担当する人だけでなく、幹事の経験がある人にとっても悩みや不安がつきものです。「みんなに楽しんで参加してもらいたい」「多くの社員に満足して欲しい」けれど方法が分からない場合には、事前に社員旅行アンケートを行うことから始めてみましょう。

景品

実は社員旅行に行きたくない社員は多い!?

実は社員旅行に行きたくない社員は多い!?

高度成長期には社内イベントの定番だった社員旅行も、現在は実施しない企業も増えています。
本来、社員旅行は会社の福利厚生の一環として魅力ある社内イベントで、リフレッシュやモチベーションアップができ、旅行を楽しみながら社員同士がコミュニケーションを取る良い機会のはずです。
しかし、実は社員旅行に行きたくないと考える社員は少なくありません。
2012年のデータとなりますが、日本労働組合連合会が20〜50代の社会人にアンケートを行ったところ、社員旅行に前向きな人は約4割で、半数以上の人が参加に後ろ向きでした。
なぜ参加したくないのかというと、その理由は様々あります。

・上司や先輩に気を遣って疲れる
・土日などの休みが潰れる
・自由がきかない
・団体行動には窮屈さを感じる
・一緒に居たくない人と同室で過ごすのが嫌
・興味の無い観光地に行く意味がない


上記の理由が主に挙げられています。

アンケート

アンケートを取って満足度の高い社員旅行を計画しよう

せっかく社員旅行を実施するなら、嫌々ではなく心の底から楽しんで参加してもらいたいものです。
内心で社員旅行に行きたくないと思っている人にも「行きたい」と思ってもらえる企画にするためには、事前アンケートが役に立ちます。
アンケートを取ることで社員それぞれのニーズを把握でき、それを反映させた社員旅行を計画できるからです。
自分が楽しいと思う旅行を企画したとしても、それが社員にとって必ず楽しいことにつながるわけではありません。
社員旅行は親交を深めるためのイベントなので、一人ひとりが楽しいと実感できるプランを練ることが社員の満足度のアップにつながります。
満足度が高ければ、また次も行きたいと思ってもらえるでしょう。
上手にアンケートを作ると、社員旅行への期待感が高まり参加したいという感情を持ってもらえるメリットもあります。
基本的に、参加したくない人の多くが社員旅行に対して抱いているマイナスイメージを払しょくさせることを意識してみてください。

・行きたい場所に行けそう
・自由時間が多そう
・部屋割に配慮してもらえそう
・窮屈さがなさそう
・会社の経費で楽しめそう
・休日ではない日程で参加できそう


など、社員旅行に参加する意味がありそうと感じてもらえるような計画をするために、事前の社内アンケートを活用してみましょう。

選ばない方が良い

社員旅行アンケートの必須項目について

自分の要望が叶うのであれば、社員旅行に参加したいと思う人も増えてくるはずです
社員旅行アンケートでは、社員に対して聞きたいポイントを抑えておくことが大切です。以下のアンケート項目は必須となります。

・旅行日程の希望
まずはいつ社員旅行を実施して欲しいかを確認しましょう。
大まかに何月頃が良いか、上旬か下旬ならどちらが良いかに加えて、曜日の希望も聞きます。

・旅程の希望
社員旅行の期間について、日帰りが良いか、1泊2日が良いかなどを確認します。
アンケート項目は、日帰り・1泊2日・2泊3日などの実現可能な選択肢から選ぶように作りましょう。
基本的に団体旅行扱いで社員旅行を実施する場合には、日帰りか1泊2日の旅程が一般的です。

・旅行先の希望
希望の行き先を確認します。
人気観光地や温泉地など、どこに旅行に行きたいかを社員アンケートすると満足度の高い旅行プランを作れます。
都道府県や国、観光スポットなどを自由に記入してもらいましょう。

・自己負担費用の額
福利厚生制度でもある社員旅行は会社が費用を全額するケースがあるものの、参加できない人との不公平感を緩和するために、旅行費用の一部を参加者が自己負担するケースもあります。
自己負担費用についての考え方もアンケートにて確認し、自己負担を設定する場合の金額の希望も聞いておきましょう。

景品の相場

旅行先でやりたいこと、苦手・アレルギーも確認

旅行日程、旅程、旅行先などの必須項目以外にも、社内旅行アンケートで確認しておきたい項目があります。

・旅行先でやりたいこと
旅行先で何をしたいかは、人それぞれ異なります。
そのため、アンケートに旅行先で何をしたいか希望を確認できる項目を設けておくと良いでしょう。
体験プランや買い物、スポーツや観光地巡り、宴会などやりたいことを何でも記入してもらいましょう。
記入する人がイメージしやすいように、予めアンケート欄に記入例を記載しておくと親切です。

・苦手なものやアレルギーについて
参加する人が苦手なもの、アレルギーの有無についても確認します。
特に食物アレルギーがある人にとっては、旅行先での食事は不安なものです。
あらかじめ食物アレルギーへの対応が必要かどうかを把握して、必要に応じて対策するようにしましょう。
アレルギーの人や苦手なものがある人にも満足してもらえる配慮をしてください。

景品 保管

回答期日は長すぎず・短すぎず

社員旅行アンケートを作る際は、いつまでに回答してもらうかを決めて回答期限を明記します。
旅行の計画をスムーズに立てるためには、アンケートの回答期限を長く設定するべきではありません。
しかし、短すぎる回答期限では社員の希望をくみ取ることは難しいでしょう。
アンケートの配布から1週間程度を目安に回答期限を設けることをおすすめします。

社員同士のコミュニケーションの機会である社員旅行も、内心では参加したくないという人が増えています。
だからこそ、いかに参加者を増やし、みんなに楽しんでもらえる社員旅行を企画できるかが幹事の腕の見せ所と言えるでしょう。
参加者全員に楽しんでもらえる社員旅行の計画立てにはアンケートが役立ちます。
上手に事前アンケートを活用して、社員旅行への期待度を高めて参加者を増やし、アンケート結果を反映させて満足度の高い社員旅行を企画してください。

お役立ちコラム

社員旅行に人気のプラン

社員旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
満足度アップ!社員旅行でアンケートを取るメリット&作るコツ トップへ