海外への旅行予約のトラブル対処方法。慰安旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 慰安旅行 > 海外への旅行予約のトラブル対処方法
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

海外への旅行予約のトラブル対処方法

海外に慰安旅行へ行く企業も多い中、日本国内と違い、サービスが行き届いていない場合も多く、予約に関するトラブルも多くなります。今回は海外の慰安旅行での予約トラブルの対処方法をご紹介いたします。

チェックイン時のトラブル

慰安旅行で訪れた宿泊先でチェックインの手続きを行ったところ、「予約がない」といわれた場合はどのように対処すればよいでしょうか。実は海外では予約名の姓名が逆になって登録されていることも多く、予約がないと言われてしまうことがあります。また、言語の壁があり、発音が聞き取れずに勘違いされてしまうこともあります。その際はホテルバウチャーとパスポートを提示して確認してもらうようにすると良いでしょう。

オーバーブックによるトラブル

海外のホテルは統計からキャンセルを見越して、部屋数よりも多くの予約を受け付けております。そのため、想定よりも提供数が上回ってしまった場合が起こります。これをオーバーブックといいます。予約したにも関わらず、「予約がない」、「オーバーブックにより部屋に案内ができない」といわれた場合は慌てずにホテル側に代わりのホテルを用意してもらいましょう。オーバーブックによるホテル側のキャンセルはホテル側に全責任があります。そのため、オーバーブックしたホテルと同等のホテルを手配し、宿泊費用もオーバーブックしたホテルに支払い責任があります。

予約トラブルを未然に防ぐ

海外の宿泊先では予約に関するトラブルが少なくありません。そのため、予約トラブルを防ぐためにもバウチャー(予約証明書)を必ずもっていくようにしましょう。このバウチャーがない場合、チェックインに余計な時間がかかる、想定していたサービスが受けられないなどのトラブルが発生してしまいます。慰安旅行では時間が命。予約段階でトラブルに陥らないためにも必ずバウチャーを持っていくようにしましょう。

予約は代理店を必ず通す

海外の宿泊先を予約する場合は必ず手配会社を通して予約しましょう。万が一、ホテル側の不手際により予約がキャンセルされた場合も手配会社が交渉・対応を行ってくれます。手数料を節約するために全ての手続きを自分たちでしてしまうとトラブルも発生しやすくなり、せっかくの慰安旅行が台無しとなってしまいます。慰安旅行は大人数での参加が基本です。宿泊できる場所がない状態はとても危険な状態ですので、必ず代理店や手配会社を通して予約するようにしましょう。

お役立ちコラム

慰安旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
海外への旅行予約のトラブル対処方法 トップへ