見積もりのポイント。慰安旅行の検索・比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 団体旅行の窓口ホーム > 慰安旅行 > 見積もりのポイント
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

見積もりのポイント

慰安旅行を見積もるためにはインターネットや代理店の一括見積りが主流です。では、慰安旅行を見積もるにはどのような点に気をつけて見積もるべきなのでしょうか。今回は慰安旅行の見積もりで大切となるポイントをご紹介いたします。

参加人数と予算を把握

少人数の会社や研修も兼ねた慰安旅行であれば、全員の参加が考えられますが、中には慰安旅行が好きでない方もいらっしゃいます。そのような方には決して参加を強要してはいけません。そのためにも事前に参加者を把握しておく必要があります。また、参加人数が少なくなれば、予算も少なくなりがちです。参加人数を把握してから、会社と予算の策定を行いましょう。

繁忙期を避ける

慰安旅行の見積もりを取る前に日程を確定させましょう。また、行き先を社員にアンケートを取るなどして希望案を確定させておきます。行き先によって、繁忙期も異なるので、行き先を決めてから繁忙期を避けるように日程を組むと良いでしょう。

シミュレーションを行う

見積もりを行う前に希望する行き先をイメージしながら、慰安旅行を仮想体験してみましょう。インターネットで実際に訪れる観光地や宿泊施設、宴会会場、イベント会場を検索し、実際に旅行に行ったようにシュミレーションを行うと良いでしょう。Google Earthやストリートビューなどを利用する旅行の時間配分をイメージすることができ、最適な移動手段を検討することができます。より具体的な慰安旅行をイメージできれば、その分、見積もりも立てやすく、最高の慰安旅行プランでリーズナブルな費用を見積もることができます。

個人旅行の感覚を捨てる

慰安旅行は日頃の社員の頑張りや成果を祝うことが主な目的となります。そのため、個人が楽しむ旅行とは宿泊施設も旅行内容も異なります。特に大切なのは宿泊部屋です。慰安旅行の宴会は夜通しで行われることも少なくありません。そのため、メインの宴会が終わった後、各自で2次会をされる方も少なくありません。宿泊部屋は少人数よりも大部屋で予約すると良いでしょう。少人数部屋だと部屋に誰も戻らず、一夜を明かすことも珍しくないため、費用が拡大する恐れがあります。見積もり段階でどんな宴会になるかも想像をしておき、適切な部屋数がある宿泊施設が良いでしょう。また、少人数旅行では移動がスムーズでも大人数だと移動が困難な観光地もあります。団体でも訪れやすい観光地や宿泊施設を見積もり段階で想定しておくと良いでしょう。

慰安旅行パックを提供している見積もりサイトを選ぶ

通常の旅行代理店でも慰安旅行を見積もってくれますが、慰安旅行パックと提供しているような慰安旅行に特化した代理店で見積もりを取ると自由度の高い慰安旅行を実現することができます。

お役立ちコラム

慰安旅行特集ページ

ご旅行先で選ぶなら
無料一括
お見積
無料一括
お見積
おまかせで選ぶなら
プロの
プランニングで
お見積
見積もりのポイント トップへ