1歳児を連れた旅行を楽しむ方法は?必要な持ち物やおすすめの宿泊先【団体旅行の窓口】

HOME 社員旅行の一括見積り【団体旅行の窓口】 > 家族旅行おすすめ特集 > 子連れ旅行 > 1歳児を連れた旅行を楽しむ方法は?必要な持ち物やおすすめの宿泊先
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

1歳児を連れた旅行を楽しむ方法は?必要な持ち物やおすすめの宿泊先

家族旅行

1歳児を連れての旅行はハードルが高いと思っていませんか?しかし、旅行の持ち物をしっかりと用意し、赤ちゃん連れでも利用しやすい交通手段を選ぶことで、1歳児を連れた家族旅行も思いっきり楽しむことができますよ。
ここでは、1歳児を連れた旅行を楽しむために用意しておくべき持ち物や、おすすめの宿泊先について紹介します。

1歳児を連れた旅行を楽しむ方法

1歳児はまだまだ未熟な赤ちゃんです。家族旅行で普段と違う場所に泊まるとなると、急な環境の変化に耐えられるかどうか不安になりますよね。
1歳児を連れた旅行を楽しむには、無理のない範囲でのスケジュールを組み、必要な持ち物をきちんと準備することが重要です。
近頃では1歳児など赤ちゃんの宿泊に慣れたホテルや旅館も増えています。ホテルや旅館によっては、ベビーバスやベビーベッドなどベビーグッズの貸し出しを行っているところもあるため、事前に問い合わせて確認しておくとよいでしょう。
また、足りないものはしっかりと準備して、1歳児連れの旅行を楽しみましょう。

1歳児を連れた旅行に必要な持ち物

1歳児を連れた旅行を楽しむために最も大事なことは、必要な持ち物を漏れなく揃えることです。旅行先によっては必要なものが現地で購入できない可能性もありますし、新幹線や飛行機などでの移動中に必要になる可能性もあります。忘れ物がないように持ち物リストを作り、念入りに確認しておきましょう。
1歳児を連れた旅行に必ず持っていくべき必需品と、あると便利な持ち物を紹介します。

1歳児を連れた旅行の必需品

ここでは1歳児を連れた旅行に必ず持っていくべき必需品をご紹介します。

・着替え
・離乳食または幼児食
・食事用の食器とスプーン
・エプロン
・粉ミルク
・哺乳瓶
・水筒
・紙おむつ
・おしりふき
・ベビーカー
・抱っこ紐
・ベビーシャンプー
・子供用の歯ブラシ
・保険証・母子手帳
・子供の常備薬

1歳児を連れた旅行の場合、着替えは多めに用意しましょう。汚れてしまい1日に何度も着替える可能性があるため、日数分以上を用意しておくのがおすすめです。
また、離乳食や幼児食はレトルトをいくつか用意しておくと安心ですね。1歳になって白米が食べられるようになった赤ちゃんなら、幼児用レトルトカレーなども便利です。
エプロンはすぐに洗えない可能性もあるので、使い捨てのものを持っていきましょう。
何かあった時のために、保険証や母子手帳、常備薬も必ず携帯してください。

1歳児を連れた旅行にあると便利な持ち物

続いては、1歳児を連れた旅行にあると便利な持ち物を紹介します。必ず必要というわけではありませんが、荷物に余裕があるなら持っていくと便利でしょう。

・除菌グッズ
・チェアベルト
・離乳食用のハサミ
・体温計
・ビニール袋

1歳児は食事を手づかみで食べることもあります。消毒用のジェルを持っていけば、手をすぐに洗えない時でも、手指の清潔を保つことができます。
チェアベルトは、レストランなどでキッズチェアがない時にあると大活躍してくれます。
離乳食用のハサミは、肉などを小さく切ることができるので、子供にご飯を食べさせるのに役立ちます。
体温計は、子供の体調が悪そうに見えた時に持っておくと安心ですね。
ビニール袋は、旅行中に出たゴミをまとめる時や、汚れた衣類を入れるのに便利なので、複数枚持っていくのがおすすめです。

1歳児を連れた旅行におすすめの宿泊先

1歳児を連れた旅行では、持ち物だけでなく宿泊先選びも重要です。「赤ちゃんプラン」「ファミリープラン」など1歳児や赤ちゃんに配慮した宿泊プランがあるホテルや旅館を選ぶとよいでしょう。また、赤ちゃん向けの離乳食や1歳児用の幼児食を提供してくれる宿泊先も存在します。必要に応じて適切な宿泊先を選び、旅行を楽しみましょう。

1歳児を連れた旅行におすすめの交通手段

1歳児を連れて旅行に行くとなると、どんな交通手段で行くかも迷いますよね。旅行で利用する交通手段のメリットとデメリットをご紹介します。

自家用車

1歳児を連れて自家用車で旅行するメリットは、赤ちゃんが泣いたり騒いだりしても周囲に迷惑をかけることがないということです。近距離での移動なら、やはり自家用車が一番おすすめです。
自家用車で旅行するデメリットは、ドライバーの負担が大きい点と、渋滞などにより移動に予定よりも時間がかかってしまうことがある点です。1歳児や赤ちゃんを連れた旅行では、ギリギリのスケジュールで予定を詰め込まず、こまめに休憩を取りながら、ゆったりと旅行を楽しむと良いでしょう。

電車・新幹線・飛行機

電車や新幹線、飛行機で旅行するメリットは、スピーディーに移動ができることです。
その反面、1歳児や赤ちゃんが泣いてしまった時には、周囲に迷惑がかかってしまうというデメリットもあります。
子供が泣いてしまうのは仕方がないことですが、どうしても周りの目が気になるという方は、1歳児を連れた長距離の移動はやめておいたほうが無難かもしれません。

1歳児連れの旅行はツアーを利用するのもおすすめ

1歳児連れの旅行でどんなプランを立てたら良いかわからないという方は、1歳児連れの旅行に向けた旅行ツアーを利用するのもおすすめです。赤ちゃんを連れた旅行に最適な宿に泊まることができるほか、ツアーによっては紙おむつを準備してくれるなど、1歳児連れの旅行にぴったりのサービスを受けることができますよ。

最後に

1歳児を連れて家族旅行を楽しむことは可能です。1歳児を連れた旅行に対応している宿泊施設や飲食店もありますし、適切なサポートを受けながら旅行を楽しむことができます。
1歳児を連れた旅行を楽しむコツは、事前準備をしっかりと行うことです。特に離乳食や幼児食、紙おむつや着替えなど、必要な持ち物は忘れずに用意し、安心して旅行を楽しめるようにしましょう。
1歳児を連れて旅行を楽しむために何を用意すればよいか分からないという方は、赤ちゃんを連れて参加できる旅行会社のツアーに参加するなど、プロの手を借りてみるのもおすすめです。

子連れ旅行TOPへ戻る

1歳児を連れた旅行を楽しむ方法は?必要な持ち物やおすすめの宿泊先 トップへ