タイ(バンコク)の社員旅行の比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 社員旅行の一括見積り【団体旅行の窓口】 > 社員旅行 > タイ(バンコク)
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集
海外の観光スポット・グルメ・遊びや体験・ショッピングなら団体旅行の窓口におまかせ!

タイ(バンコク)の観光スポット・グルメ・遊びや体験・ショッピング

微笑みと仏教とムエタイの国「タイ」

13世紀にタイ王国の基礎であるスコータイ王朝が築かれて以後、アユタヤ、トンブリー、チャックリーと王制を維持。インドシナ半島の中央に位置し、国土面積は日本の約1.4倍、北部山岳地帯を除き高原と平原が大部分を占める。国民の95%が仏教を信仰する仏教国で、寺院では祈りを捧げる人々の姿を目にする。「微笑みの国」の人々の気質に惹かれ、世界中から観光客が集まる。

海外旅行なら無料一括お見積プロのプランニングでお見積

タイ社員旅行で人気のプラン

アジアを代表する観光地であるタイは、日本企業が多数進出していることもあり、日本人には馴染みやすい国です。首都バンコクへは約6時間のフライトで、アクセスも良好です。アジアへの社員旅行でタイを選ぶ会社も多く、視察旅行を兼ねたプランも人気です。タイはバンコク以外にも見どころのある都市が多く、社員旅行で何度も訪れるという会社もあります。

今回は、タイの社員旅行でおすすめのモデルプランを3つご紹介します。観光やショッピング、世界遺産観光、ビーチリゾートなど、タイならではの楽しみが盛りだくさんです。現地に強い旅行会社なら、目的や予算、人数に合わせてぴったりの社員旅行を提案してくれます。

プラン1首都バンコクを満喫する観光プラン

費用概算:3〜6万円(2泊4日)

タイでの社員旅行をお手軽に楽しむなら、首都バンコクをメインにしたプランがおすすめです。リーズナブルな価格で、タイの魅力をたっぷり満喫することができます。バンコクは近代的な高層ビルと、歴史ある寺院が立ち並ぶ、独特の雰囲気がある都市です。チャオプラヤー川沿いにあるワット・ポーなど3つの寺院をはじめ、観光スポットが盛りだくさん。もちろん、ショッピングやグルメの楽しみも充実です。

アジア屈指の繁華街であるバンコクは、夜の観光も見逃せません。広大な敷地内に1500以上の露店が集まるナイトマーケットや、夜景の美しいルーフトップバーでのディナーは人気の観光プランです。たっぷり遊んで歩き疲れたら、タイ伝統の古式マッサージでリフレッシュしましょう。

プラン2タイの世界遺産を巡る観光プラン

費用概算:5〜10万円(3泊4日)

ご年配の社員や歴史好きな社員が多い会社では、世界遺産中心の観光プランが人気です。タイには5つの世界遺産がありますが、中でもアユタヤ遺跡はバンコクから車で1時間程度の好立地で、人気の観光スポットです。アユタヤ遺跡は6つの主要な遺跡からできており、全てを見て回るには、1日たっぷりかかります。

せっかく世界遺産を観光するなら、移動の手配だけでなく、ガイド付きのプランがおすすめです。当時の歴史や見どころなどを、現地のガイドがしっかり解説してくれます。また、旅の記念に、世界遺産を背景にした象乗り体験も人気です。

プラン3パタヤでビーチリゾートを楽しむ観光プラン

費用概算:4〜10万円(3泊5日)

パタヤは社員旅行で気軽に行かれるリゾート地として人気で、近年注目度が高まっています。バンコクから約160kmの距離にあり、バンコクからの日帰りツアーもできる手軽さが魅力です。パタヤでは、パラセーリングやジェットスキーなどのアクティビティが楽しめるほか、ショッピングスポットも豊富です。

また、パタヤはサンセットビーチとしても有名な場所です。夕陽を眺めながらのディナーを楽しんだ後は、賑やかなナイトマーケットに繰り出しましょう。都会とはまた違った開放的な雰囲気の中で、たっぷりタイのバカンス気分が楽しめます。

タイのオススメ観光スポット

王宮

王宮 王宮

1782年にチャクリ王朝が始まった際に造られた、長い城壁の中にある広大な敷地内に建設されたタイを象徴する建物。王宮とは通称名であり正式にはワットプラケオと呼ばれバンコクに位置し、細部に至るまで高度な装飾を施された数多くの建物が集まっている。また、王室の守護寺でもあり、由緒正しき寺院として国民に愛されてきた王宮である。その美しさと荘厳さはバンコク一の歴史的建造物とも言われるほど。広大な敷地内にある仏塔には仏舎利と呼ばれる仏陀の遺骨が納められ、タイの様各地から熱心な仏教徒が訪れており、多くの海外旅行者もその美しい寺院を見物しにやってくる。

アユタヤ

アユタヤ アユタヤ

1350年から417年間アユタヤ王朝の首都として繁栄してきたアユタヤは、当時の面影を残す王宮跡や寺院などの遺跡が数多く残されている。かつて17世紀には朱印船貿易により1500人もの日本人が居住していたこともあり、近年ではユネスコの世界遺産にも指定されている。バンコクからアクセスもしやすく手軽に旅行できる観光スポットであり、夜には遺跡がライトアップされ闇夜に浮かぶ幻想的な美しさで観光客を魅了する。遺跡の中ではワット・ヤイチャイモンコン、ワット・マハータート、ワット・プラ・シーサンペットなどが有名であり、現在それらがある場所はアユタヤ歴史公園として整備されている。

プ―ケット島

プーケット プーケット

アンダマン海に浮かぶタイ最大の島であり、美しさから「アンダマンの真珠」と呼ばれてきた。海岸線にはマリンスポーツを楽しめるビーチや高級ホテルを有するビーチ、ゆったりと静かに過ごせるビーチなど数多くの個性に富んだビーチがある。また、島の70%以上が山地で、ゴルフやトレッキングを行ったり川ではラフティングなどのスリリングなアクティビティを楽しむことができる。定番人気観光地であるタイの伝統文化と自然がテーマのプーケットファンタシーはおすすめのテーマパークであり、ラスベガスのような豪華絢爛な劇場ショー「王国のファンタジー」を堪能することができる。

パタヤビーチ

パタヤビーチ パタヤビーチ

バンコクから車で2時間ほどの距離にあるタイの代表的リゾート。都市型のビーチリゾートで、エメラルドグリーンに輝く海で体験できるマリンアクティビティの他、観光施設やショッピングセンター、エンターテイメントなども充実している。人気のマリンアクティビティはパラシュートで会場を飛ぶパラセーリングや、泳げなくても美しい海中を散歩できるシーウォーカーなどがあり、グループであればバナナボートに乗るのもおすすめ。これらのアクティビティは、日本で楽しむよりも料金設定がリーズナブルなのが特徴で、気軽に楽しむことができる。

無料一括お見積

タイのオススメ グルメ

トムヤムクン

トムヤムクン トムヤムクン

日本でも世界三大スープとして人気を誇るトムヤムクン。主に使われる具材はエビやきのこ、トマト、パクチーなどであり、トムヤムクンの味の特徴は甘さと辛さ、そして酸っぱさが合わさっている。3つの味わいによって季節に関係なく食べられることが人気の理由だ。さらに、様々なハーブや香辛料を使用していることから独特の風味と絶妙な旨味が生まれる。トムヤムクンには2種類あり、透き通ったスープのトムヤム・ナムサイと、赤く濁ったスープのトムヤム・ナムコンがある。また、ベースに鶏を使ったトムヤム・ガイや魚肉を使ったトムヤム・プラー、イカを使ったトムヤム・プラームックもタイでは定番のスープ料理である。

グリーンカレー(タイカレー)

グリーンカレー グリーンカレー

プリッキーヌというタイの青とうがらしや、緑色の種が元となる香辛料から作ったグリーンカレーペーストを炒め、鶏肉となすやピーマンなどの野菜とココナッツミルクで煮込んだタイを代表する料理の1つ。仕上げにはナンプラーなどの調味料で味を調えることが多く、白米と一緒に食べる。インドなどで食べられるカレーと違い、独特な香辛料の味わいが特徴的である。日本ではタイカレーとして一括りにされがちだが、似たものにグリーンカレーと同じ材料を使いながらも辛味を抑えたレッドカレー、ココナッツミルクの他にココナッツクリームやターメリック、ライムジュースなどを入れてまろやかな風味にしたイエローカレーなどがある。

ガパオライス

ガパオライス ガパオライス

ガパオライスの「ガパオ」とはタイ語でホーリーバジルを意味する。日本で一般的に使われているスイートバジルと比較すると、爽やかさと刺激的な風味を持っていることが特徴。ガパオと唐辛子やニンニクなどの香辛料と挽肉を炒め、玉ねぎ、赤・黄ピーマンなどの野菜を加えて再び炒めて白米に盛り、揚げた目玉焼き「カイダーオ」をトッピングすればガパオライスの完成だ。鶏のミンチ肉を使用するのが主流だが、牛や豚、魚介のミンチ肉を使用する場合もある。適量のナンプラーをふりかけて全体を混ぜながら食べるのがおすすめ。

プー・パッ・ポン・カリー

プー・パッ・ポン・カリー プー・パッ・ポン・カリー

元々はカニをカレーで炒めただけのシンプルな料理であったが、卵を加えて現在のような複雑で繊細な風味の料理に変化していったと言われている。プー・パッ・ポン・カリーを考案したのはバンコクのシーフードレストラン、ソンブーンと言われているが、現在ではポピュラーなタイ料理店でも食べることができる。中でもおすすめのソンブーンのプーパッポンカリーは、ふわっとしたタマゴとカニの風味が絶妙に合わさりとても美味しく、ソンブーンを超人気店にした理由はプーパッポンカリーの存在があったからとも言われているほど。また、大量の油を使う料理であることから人によっては体調を崩す可能性もあるので注意しておくと良いだろう。

無料一括お見積

タイのオススメ レジャー

ニューハーフショー

パトンの繁華街 パトンの繁華街

タイのポピュラーなエンターテイメントとなりつつあるニューハーフショー。外国人観光客には敷居が高いと思われがちだが、意外と利用できる劇場もある。おすすめなのは25年以上営業している歴史ある劇場カリプソ・バンコク。1時間20分ほどの公演では、外国人観光客も楽しめるように、アメリカ・インド・日本などにちなんだ内容を織り交ぜたショーも行われる。タイの一般的なニューハーフショーは公演中の写真撮影は禁止されている劇場が多い反面、カリプソ・バンコクでは写真撮影が可能である。終了後は出口に演者が立ち並び、一緒に記念撮影をすることが可能なのが嬉しいポイントである。

コーラル島

コーラル島 コーラル島

プーケット島の南端に位置する離島であり、美しいビーチや透き通った海、島の名前の通り広大なサンゴ礁に囲まれていることから、タイはもとより外国人観光客からも人気の高い観光スポットである。プーケットからは近く、スピードボートで15分という距離でありダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティを目的とした人々に愛されている。ゆったりとグラスボートに乗って、色鮮やかな熱帯魚やウニなどを眺めるツアーもおすすめ。コーラル島北部には有名なバナナビーチとロングビーチの2つがあり、いずれも人気を誇る。また、コーラル島全土が年間を通して温暖であるため比較的足を運びやすいリゾート地だ。

ラチャヤイ島

ラチャヤイ島 ラチャヤイ島

海外旅行通からは穴場スポットとして密かに人気のラチャヤイ島。プーケットからのアクセスはスピードボートでおよそ40分である。キメの整ったホワイトサンドの広がるビーチに輝かしいターコイズブルーの海が広がり、まさに楽園のような島である。ここではシュノーケリングやダイビングを楽しむことができるが、一般的なツアーなどではあまり組み込まれることがないため、観光客の数が少ないのが特徴。静かに海辺を眺めたり、のんびりと過ごすことを目的とした観光であればまさにうってつけの島だろう。プライベート気分を満喫できるラチャヤイ島でゆったりと1日を過ごしてみてはいかがだろうか?

ゾウ乗り体験

ゾウ乗り体験 ゾウ乗り体験

タイ観光では定番となっているゾウ乗り体験は、旅行会社のオプショナルツアーとして用意されていることもあり、比較的体験しやすいアクティビティである。リゾート地であるプーケットでは山で行うアクティビティとして人気があり、象の上に設置された椅子に大人が1〜2名乗ることが可能。ゾウ乗り体験では、ゾウへのご褒美としてバナナを購入して与えることもできる。ゾウの背中の高さから望めるタイの大自然は、旅行中ではなかなか目にすることができない違った景観を見られるだろう。また、普段近付くことができないゾウと直接触れ合える貴重な体験ができることでも人気だ。

無料一括お見積

タイのオススメ ショッピング

タイシルク(ジムトンプソン)

タイシルクを着た女性 タイシルクを着た女性

タイの土産に選ばれるものの1つとして、タイシルクがある。タイの工芸品として非常に美しく様々な模様を施されたタイシルクは世界中の観光客から愛されている。タイシルクの歴史は古く、主にタイの東北地方を中心として作られてきた伝統的な工芸品である。また、使用する蚕の糸は日本のものより太いことからシルク本来の美しいツヤがより際立っている。基本的に使用する糸の数で生地の厚さが変わり、1本織はシャツやブラウスなどの薄い生地に使用される。2本織の場合はワンビースやスカートなど、4本織はさらに厚いスーツなどに使用されるという。

セントラルワールド・プラザ

セントラルワールド・プラザ セントラルワールド・プラザ

バンコクで土産を買いに立ち寄るスポットして便利なショッピングモール、セントラルワールド・プラザは、タイの鉄道BTSのチットロム駅とサイアム駅のちょうど中間に位置する。ショッピングモールにはファッションやグルメ、映画館などのエンターテイメント施設が網羅されており、特にファッションを取り扱う店舗は若者向けのファストファッションの店が多い。また、バンコク伊勢丹も入っており大人数への土産に重宝する「ばらまき菓子」を数多く揃える店もある。敷地内はとても広く、1日では回りきるのが難しいため、複数日の予定を組んで巡ると良いだろう。

MBKセンター

MBKセンター MBKセンター

1985年にオープンしたMBKセンターは、タイの菓子や土産、雑貨から、タイファッションなど様々なものが揃うショッピングセンターと商店街が合体したような場所である。BTSのナショナルスタジアム駅から直結しているのでアクセスも良く日本でのデパートである東急百貨店が併設されている。セントラルワールド・プラザと比較するとより庶民的なものを多く取り扱っていることから、それほどお金をかけずに買い物をすることができる。タイ土産を探す際に歩き疲れたらレストランやフードコートで休憩しながらショッピングを楽むと良いだろう。

サイアム・センター

サイアム・センター サイアム・センター

2013年に大改装されたサイアム・センターでは、将来を期待されている優れた地元デザイナーや有名タイ人デザイナーが手掛けるブランド店をはじめ200を超える国内外のブランドショップやおしゃれな飲食店が結集している。また、アートやテクノロジーを駆使した外観や内装デザインが特徴的であり、洗練された雰囲気の中で買い物を楽しむことができる。かつては、両側に隣接するショッピングセンター、サイアム・パラゴンやサイアムディスカバリーを利用していた地元の人も、大改装後のサイアムセンターには必ず立ち寄るというほどの人気だ。タイの鉄道BTSのサイアム駅から直結しているためアクセスも便利である。

無料一括お見積

タイ(バンコク)の観光スポットや、団体旅行、社員旅行の無料一括見積サイト「団体旅行の窓口」なら、旅行プランと料金サービスがかんたんに比較できます!国内、海外の観光地の情報など旅行する上で知っておきたい情報が満載!
タイ(バンコク)の観光スポット トップへ