タイ(バンコク)の社員旅行の比較・見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 社員旅行の一括見積り【団体旅行の窓口】 > 社員旅行 > タイ(バンコク)
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集
海外の観光スポット・グルメ・遊びや体験・ショッピングなら団体旅行の窓口におまかせ!

タイ(バンコク)の観光スポット・グルメ・遊びや体験・ショッピング

微笑みと仏教とムエタイの国「タイ」

13世紀にタイ王国の基礎であるスコータイ王朝が築かれて以後、アユタヤ、トンブリー、チャックリーと王制を維持。インドシナ半島の中央に位置し、国土面積は日本の約1.4倍、北部山岳地帯を除き高原と平原が大部分を占める。国民の95%が仏教を信仰する仏教国で、寺院では祈りを捧げる人々の姿を目にする。「微笑みの国」の人々の気質に惹かれ、世界中から観光客が集まる。

海外旅行なら無料一括お見積プロのプランニングでお見積

タイ社員旅行で人気のプラン

アジアを代表する観光地であるタイは、日本企業が多数進出していることもあり、日本人には馴染みやすい国です。首都バンコクへは約6時間のフライトで、アクセスも良好です。アジアへの社員旅行でタイを選ぶ会社も多く、視察旅行を兼ねたプランも人気です。タイはバンコク以外にも見どころのある都市が多く、社員旅行で何度も訪れるという会社もあります。

今回は、タイの社員旅行でおすすめのモデルプランを3つご紹介します。観光やショッピング、世界遺産観光、ビーチリゾートなど、タイならではの楽しみが盛りだくさんです。現地に強い旅行会社なら、目的や予算、人数に合わせてぴったりの社員旅行を提案してくれます。

プラン1首都バンコクを満喫する観光プラン

費用概算:3〜6万円(2泊4日)

タイでの社員旅行をお手軽に楽しむなら、首都バンコクをメインにしたプランがおすすめです。リーズナブルな価格で、タイの魅力をたっぷり満喫することができます。バンコクは近代的な高層ビルと、歴史ある寺院が立ち並ぶ、独特の雰囲気がある都市です。チャオプラヤー川沿いにあるワット・ポーなど3つの寺院をはじめ、観光スポットが盛りだくさん。もちろん、ショッピングやグルメの楽しみも充実です。

アジア屈指の繁華街であるバンコクは、夜の観光も見逃せません。広大な敷地内に1500以上の露店が集まるナイトマーケットや、夜景の美しいルーフトップバーでのディナーは人気の観光プランです。たっぷり遊んで歩き疲れたら、タイ伝統の古式マッサージでリフレッシュしましょう。

プラン2タイの世界遺産を巡る観光プラン

費用概算:5〜10万円(3泊4日)

ご年配の社員や歴史好きな社員が多い会社では、世界遺産中心の観光プランが人気です。タイには5つの世界遺産がありますが、中でもアユタヤ遺跡はバンコクから車で1時間程度の好立地で、人気の観光スポットです。アユタヤ遺跡は6つの主要な遺跡からできており、全てを見て回るには、1日たっぷりかかります。

せっかく世界遺産を観光するなら、移動の手配だけでなく、ガイド付きのプランがおすすめです。当時の歴史や見どころなどを、現地のガイドがしっかり解説してくれます。また、旅の記念に、世界遺産を背景にした象乗り体験も人気です。

プラン3パタヤでビーチリゾートを楽しむ観光プラン

費用概算:4〜10万円(3泊5日)

パタヤは社員旅行で気軽に行かれるリゾート地として人気で、近年注目度が高まっています。バンコクから約160kmの距離にあり、バンコクからの日帰りツアーもできる手軽さが魅力です。パタヤでは、パラセーリングやジェットスキーなどのアクティビティが楽しめるほか、ショッピングスポットも豊富です。

また、パタヤはサンセットビーチとしても有名な場所です。夕陽を眺めながらのディナーを楽しんだ後は、賑やかなナイトマーケットに繰り出しましょう。都会とはまた違った開放的な雰囲気の中で、たっぷりタイのバカンス気分が楽しめます。

タイのオススメ観光スポット

  • アユタヤ
    アユタヤ
  • プーケット
    プーケット

・王宮
1782年に始まった チャクリ王朝時代に造られた、長い城壁に囲まれた広大な敷地内に立つ タイの象徴的な建物。細部に至るまで高度な装飾を施された、いくつもの建物が集まっている。


・アユタヤ
1350年から417年間、アユタヤ王朝の首都として繁栄。当時を偲ばせる王宮跡や寺院などの遺跡が数多く残り、ユネスコの世界遺産にも指定。17世紀には朱印船貿易により1500人もの日本人が住んでいた。


・プ―ケット島
アンダマン海にあるタイ最大の島で、その美しさは“アンダマンの真珠“と称えられてきた。海岸線には多くのビーチがある一方、島の70%以上が山地で、ゴルフや川でのアクティビティも楽しめる。


・パタヤビーチ
バンコクから約140KM、タイの代表的リゾート。都市型のビーチリゾートで、マリンスポーツの他、観光施設やショッピングセンター、エンターテイメントも充実している。

無料一括お見積

タイのオススメ グルメ


グリーンカレー(タイカレー)

・トムヤムクン
辛味と酸味、複雑な香りが特徴的な、タイ料理を代表するスープ。エビ入りトムヤムスープという意味であり、他にも鶏肉やイカ等、他の食材入りのトムヤムスープもある。鶏ならトムヤムガイ、イカならトムヤムプラームックとなる。レモングラスを使った酸味のある味が特徴。


・グリーンカレー(タイカレー)
日本でタイカレーと呼ばれるタイ料理。正確にはカレー料理ではなく、タイ料理のゲーンと呼ばれる多様な汁物の中で、香辛料を利かせた料理を外国人向けに便宜上カレーとして呼称している。ゲーン・キャオ・ワーンとはタイ語で汁物・緑・甘いを意味する。

無料一括お見積

タイのオススメ レジャー


パトンの繁華街

・ニューハーフショー
いまやタイ旅行で欠かせない観光スポット、それが「ニューハーフショー」です!以前からニューハーフさんがおおいことで有名であったタイですので、美しくお化粧をし綺麗なドレスを身にまとった踊り子さんも日々増え続けているようです。日本でも大人気の「ニューハーフショー」ですが、タイでは観光やツアーで旅行者が訪れるほどの人気ぶり。ニューハーフとは思えない綺麗な顔立ちやスタイルに女性からみてもうっとりしてしまう。

無料一括お見積

タイのオススメ ショッピング


タイシルクを着た女性

・タイシルク(ジムトンプソン)
タイに旅行すると、お土産で必ずと言っていいほど目にするのが「タイ・シルク」。
色鮮やかな、アジアンテイストたっぷりのタイ・シルクですが、タイで最も有名なタイ・シルクが「ジムトンプソン」。タイシルクを復活させたアメリカ人、ジム・トンプソン。彼の創始したショップは、今や国内に30店舗以上の支店をもつ、タイシルクのトップブランドだ。品質もさることながら、パターンや商品の種類の豊富さも魅力。パーティーバッグは1650B、ゾウのぬいぐるみは430B〜。

無料一括お見積

タイ(バンコク)の観光スポットや、団体旅行、社員旅行の無料一括見積サイト「団体旅行の窓口」なら、旅行プランと料金サービスがかんたんに比較できます!国内、海外の観光地の情報など旅行する上で知っておきたい情報が満載!
タイ(バンコク)の観光スポット トップへ