おすすめの温泉旅行の比較・無料見積もりなら団体旅行の窓口

HOME 社員旅行の一括見積り【団体旅行の窓口】 > 社員旅行 > 団体旅行の温泉特集 おすすめの温泉一覧
創業30年!取引旅行会社14,000社
比べて便利な一括お見積 国内旅行なら無料一括お見積 海外旅行なら無料一括お見積
行き先・日程が未定の方 プロのプランニングでお見積 あなたのお住まいから あなたに最適な旅行代理店を検索
団体旅行の幹事さん
全国観光地案内 海外観光地案内 日帰り団体旅行 旅行会社・旅行代理店一覧団体旅行の温泉特集

団体旅行の温泉特集

団体旅行の温泉特集 おすすめの温泉一覧

日本全国の有名な温泉、人気の温泉のことなら団体旅行の窓口におまかせ!
ぽかぽか温泉だけでなく、団体旅行でわいわい、ワクワク楽しいツアープランがもりだくさん!
お気に入りの温泉が見つかったら、無料一括お見積で、団体旅行の窓口に相談しよう!



※下記の温泉地名をクリックすると詳細がご覧いただけます

  • 該当なし
  • 該当なし
  • 該当なし
  • 該当なし
  • 該当なし
  • 該当なし

まずは比べて便利な、団体旅行の窓口の一括お見積!

国内旅行なら無料一括お見積プロのプランニングでお見積

温泉旅行の幹事様に任命されたら、まずは一括お見積をご利用ください。ご旅行先を選ぶか、プロのプランニングにおまかせするか、どちらでも、きっとあなたのよき相談役として、団体旅行の窓口がお役に立ちます!

温泉旅館の選び方

社員旅行で温泉に行くときは、大浴場と脱衣所の大きさと、ロッカーの数の数は重視しなければなりません。同じ時間帯でたくさんの人数が入浴しても問題ない温泉と限られてくるので、長時間待たなければならないため、浴場と脱衣所が小規模な小さな大浴場の温泉は除外する必要があります。そのため、社員旅行の温泉旅館を選ぶときは、前もって大まかな参加人数が分かってから旅館を選ばないといけません。大浴場と脱衣所以外にも、大人数の場合、団体専用の広い宴会場があるところでないと全員余裕を持って入ることができないので考慮しましょう。ほかに、旅館の雰囲気は参加者それぞれ好みがちがうので、好き嫌いが分かれるようなところでなく、可もなく不可もない万人受けするような温泉がベストです。

旅行プランや事例

社員旅行で温泉旅館に行く際の旅行プランや事例をご紹介します。

プラン11泊2日の温泉旅館の旅行プラン
1日目
集合〜貸切バスで移動〜温泉旅館チェックイン〜入浴〜宴会〜二次会
2日目
旅館にて朝食〜自由行動〜チェックアウト〜貸切バスで移動〜解散

Point! 2日目の自由行動では各自温泉でマッサージを受けてもいいですし、温泉旅館の外に出て周辺の観光スポットを巡るのもいいでしょう。

プラン2自由行動多め!ゆったりフリープラン
1日目
会社終わりに集合〜貸切バスで移動〜温泉旅館チェックイン〜入浴〜自由行動〜宴会〜二次会
2日目
旅館にて朝食〜自由行動〜チェックアウト〜フルーツ狩り〜貸切バスで移動〜解散

Point! 比較的自由行動が多く、マッサージやボディケアを受けて気分も体もほぐしたり、旅館の外のお店で食べ歩きを堪能したり、観光したりすることもできますね。

プラン3体験型プランで社員の仲を縮めよう♪
1日目
会社付近に集合〜貸切バスで移動〜サービスエリア立ち寄り〜観光地を自由散策〜温泉旅館チェックイン〜入浴〜宴会〜二次会(もしくはマッサージ)
2日目
旅館にて朝食〜チェックアウト〜観光地散策〜そば打ち体験〜ワイナリーでワインを試飲〜貸切バスで移動〜解散

Point! 貸切バスで行くことによって、観光地でお酒を気兼ねなく楽しむことができますよ♪

温泉地での注意点

温泉地での注意点としては、社員旅行で行くので、大人数で騒いだりすると他のお客さんに迷惑がかかりますので、できるだけ大きな声で騒ぎすぎないように注意しましょう。それ以外には、お酒を飲み過ぎて酔っぱらうと周りの人に迷惑がかかるので、廊下や大浴場など他の個人で来ている人がいる場所では、大声でおしゃべりするのは注意しましょう。温泉の中では、湯船にタオルを入れてはいけない場所ではタオルは外に出しておきましょう。髪の長い人も、髪がお湯につかないようにヘアゴムなどで上にまとめておくといいでしょう。これは特に女性に多いですが、脱衣所では人数が多いので、ドライヤーや化粧水などのアメニティのある脱衣所の場合、他の人が待っていたらなるべくドライヤーをかける時間などは早めに切り上げて、次の人に順番を譲りましょう。

温泉旅館へ行くときの持ち物

温泉旅館へ行くので、おおかたのアメニティは温泉側でもそろえてくれているところがほとんどですが、何かあったときのために用意しておくと安心な持ち物をご紹介します。まずは小さな小銭ばかりが入った財布、携帯、携帯の充電器、ハンカチ、ティッシュ、ウェットティッシュ、バンソーコー、常備薬、生理用品、ヘアゴム(長髪の人が温泉で湯に髪がつかないようにするため)化粧水、乳液、ファンデーション。ここからはアメニティがあれば問題ないですが、なければシャンプーやリンス、歯ブラシやくし、ドライヤーなど事前にアメニティにふくまれているかどうか確認して持って行きましょう。

温泉地からの景観

四方八方が海に囲まれた温泉旅館や、山の中にある温泉旅館など日本各地に美しい景観が楽しめる温泉旅館があります。社員旅行なのである程度の規模の温泉に絞られてしまいますが、できるだけ美しい景観の温泉の方が、参加者には喜ばれるので、温泉旅館を選ぶ際は温泉地からの景観がどうかということも旅行会社の担当者に確認をとったり、自分でホームページを見たり問い合わせするといいでしょう。

温泉地の歴史

温泉旅館が江戸時代から続く歴史ある温泉だった場合、どういう時代背景でこの温泉はできたのかや、当時どのようなきっかけがあり、どのようにしてこの温泉はつくられたのか、その後どのようにしてこの温泉を守り続けたかなどを旅館の人にもらった資料を見たり、聞いたりしながら、その土地の歴史を学ぶのもいいでしょう。何も知らずに温泉に入るのと比べると、そういった予備知識が合った方が温泉にしみじみ色々と考えながらかつてのこの温泉をつくった人に想いを寄せることもできますし、温泉旅行が自分にとってより深いものとなるかもしれません。

温泉旅館周辺の観光スポットの有無

自由行動が多いプランだと、温泉旅館の近くに観光スポットがあるかないかで楽しめるポイントが変わってきます。そのため、周辺に何もない温泉旅館よりは周辺におすすめの観光スポットがあったり、美しい景観が楽しめる場所があるところをできるだけ選ぶのもいいでしょう。他にもその地域の特産物が食べることができるお店や土産屋、パワースポットで有名な寺院や有名なテーマパーク、観光スポットがあるところもいいでしょう。

温泉の泉質はどうか

社員旅行で温泉旅館に行くならば、やはりメインは温泉です。温泉にも源泉かけ流しの温泉や多少加水している温泉、源泉が全く含まれていない温泉など、温泉旅館によってさまざまです。しかし、温泉にせっかく入るならば効能が高く泉質が良い温泉を選びたいところです。事前に予約する時、インターネットなどで下調べしたり、旅行会社の担当者に相談して、もしも可能であれば温泉の泉質が良いところを選ぶと、参加者から喜ばれるでしょう。自家源泉だったり自家源泉なのに引き湯をしているところもあり、そういった場所は地下から毎日温泉を自分たちでくんでそのまま使っているところもあり、効能も加水した温泉に比べると非常に健康効果・美容効果のあるものが多いです。

温泉旅館の食事を選ぶ時に注意すること

社員旅行で温泉を選ぶなら、温泉の泉質以外にその温泉の食事が旅の醍醐味のひとつです。旅館によって出てくる料理にも特徴があり、その地方の特産物をふんだんに使った料理を楽しむことができる旅館もあります。山が近い温泉旅館の場合は、近くで採れた松茸を使った松茸料理を楽しめたり、摘みたての山菜を味わえたりするところもあります。海が近い温泉旅館の場合は、朝とれたての魚を使った料理が楽しめたりと、そういった特色のある料理を楽しめる温泉旅館もあるので、料理については何か特徴がある旅館がおすすめです。旅館の食事で注意するべきことは、参加者の中に何か食品のアレルギーがないかどうかも事前にアンケートなどで聞いておくと、旅館の方に言ってその料理はアレルギーのある人には出さないようにするなどの対応が可能です。

温泉旅館の設備

温泉旅館によっては、サウナやローリュ、お休み処、エステ、マッサージなどが受けられる設備が整ったところがあります。設備が充実したところだと、温泉に入った後にゆっくりくつろぐことができて、参加者の満足度も高くなります。そのため、温泉旅館の設備もどんなものがあるか旅館を選ぶ際はチェックするのもいいですね。

温泉旅館のサービス

温泉旅館には各旅館によって、その旅館ならではのサービスがあるところもあります。例えば、団体割引がついていたり、月に何度かは変わり種の温泉が楽しめるイベントがあり、例えばバラ風呂やゆず風呂など、季節や時期によって変わり種の温泉が楽しめる場所などもあります。それ以外にも、足湯とカフェがセットになった館内の施設がある温泉や、エステや岩盤浴とあわせて楽しめる温泉などもあります。ゆっくり温泉で体を温めて筋肉をほぐした後、血流をよくしてエステをすると、普段の倍以上の効果が期待できるかもしれませんね。

人気の温泉地を見てみよう!

温泉旅行TOPへ